バージョンアップ/ドライバ ダウンロード

製品バージョンアップ

■X-PM100 & X-PM100 10TH→X-X-PM100 MK2

●X-PM100MK2 バージョンアップ内容
(1)プリアンプ、パワーアンプのゲイン(増幅度)の最適化。
(2)ポストフィルターの定数の最適化、及び部品の最適化。
(3)グラウンドの低インピーダンス化。
(4)マスタークロック入力端子の追加。
  (対応クロック周波数:5.6448、6.144、11.2896、12.288、22.5792、24.576 MHz)
(5)上記の対策の為、コントロール、プリ基盤は新規入替え。パワーアンプ基盤は、回路変更と基幹部品(入力コンデンサー)の交換等。
(6)残留ノイズの大幅な低減により、L / H モードの廃止。
(7)大幅な出力アップ(4Ω:32W、8Ω:20W)と実質的な電流容量の大幅アップによりゆとりのある低域駆動を実現。
(8)大型真鍮製スパイク、真鍮製スパイク受け付属。

●費用
(1)X-PM100 からのバージョンアップ
150,000 円(税抜)

(2)X-PM100 10TH からのバージョンアップ
120,000 円(税抜)
※サービス扱いとなります。ご購入のご販売店様にお問合せ下さい。

●受付開始日
2020年11月16日より受付開始(弊社到着後、2週間前後の納期)。
※フロントパネル、シャーシの変更は有りません。
※リモコン機能はつきません


■X-PM3→X-PM3 FT

●X-PM3 FTバージョンアップ内容
(1)ゲイン(増幅度)、およびボリュームインピーダンスの最適化
(2)信号系部品 、 および配線材の高純度化
(3)ポストフィルターの定数、および部品の最適化
(4)Fundamental カスタムスリーブレスコンデンサーによる電源強化
(5)グラウンドの低インピーダンス化
(6)上記の対策による残留ノイズの低減、および出力アップ

 バージョンアップ品には、フロントパネルとリアパネルに「Fundamenatl Tune UP」シールが付きます。
 (フロント、シャーシの変更はありません。)

●費用
 48,000円(税抜)
 サービス扱いとなります。ご購入の販売店にお問い合わせください。
 新型コロナの影響で、海外からの部材の入荷が遅れています。そのため当初受注可能台数に限りがあります。
 10月には潤沢に受注可能になる予定です。

●受付開始日
 2020年7月20日より受注開始


ドライバ ダウンロード

以下4機種に対応したソフトドライバーをダウンロードできます。
(2018年10月22更新)

(1)X-DP10
(2)X-DU1 ※JPLAY用ドライバのみ対応
(3)X-DP7
(4)X-DU3

【Bulk Pet用ドライバ】

●ダウンロード手順PDFダウンロードはこちら

●SICAudio(windows用)はこちら

●MAC OS catalina用ドライバはこちら(Catalina 対応)※更新日:2020年10月1日

※Bulk Pet対応ドライバーをインストールすると「JPLAY」は使用出来ませんので、ご注意下さい。

 
 
 


 

【JPLAY用ドライバ】

●SIC Audio 32はこちら

●SIC Audio64はこちら

 
 
 
 
 


ファームウェア更新

「LUMIN」「Roon Nucleus」「SOtM」等のLinux ベースモデルへ対応しました。以下3機種に対応したソフトドライバーをダウンロードし、ファームウェアを更新できます。
(2020年4月6日更新)

(1)X-DP10
(2)X-DP7
(3)X-DU3

「LUMIN」「Roon Nucleus」「SOtM」等のLinux ベースモデルへ対応するためにはファームウェアのアップデートが必要です。
以下PDF資料内の手順に従って、ファームウェアアップデートを実施してください。

●ファームウェア アップデータ方法PDF
 ファームウェア アップデータ方法PDFはこちらをクリック

●ファームウェア アップデータファイル(DSPfirmrev_16306.zip)
 ファームウェア アップデータファイルのダウンロードはこちらをクリック
※ファームウェアアップデート中は絶対に途中で電源を切ったり、USBケーブルを抜き差ししたりしないで下さい。
ファームウェアアップデート失敗による修理は保証期間内でも有償となります。